動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年03月18日

猫カフェにおける22時までの夜間展示 2年延長の方針 環境省

WPN

環境省は17日、第41回中央環境審議会動物愛護部会を都内で開催し、先の法改正の審議の際に検討事項となっていた、猫カフェにおける成猫の夜間展示に関して話し合われた。

 2012年6月に施行された動物愛護管理法の改正省令では、犬や猫の幼齢個体の夜20時から朝8時までの深夜展示を禁止することが規定されたが、猫カフェ関連事業者からの陳情を受け、休息ができる設備に自由に移動できる状態で、成猫(1歳以上の猫)を展示する場合に限り、20時から22時までの夜間展示は規制の対象としないという経過措置規定が設けられていた。

 この経過措置期限が今年5月で切れることを受け開催された今回の部会では、猫カフェの実態把握のために実施された自治体へのアンケート調査や、猫のストレス状態調査などの結果が報告され、そのうえでさらなる調査が必要との理由から、同省は今年6月から2年間の経過措置延長を提案した。

 これに対し、委員会も公開されたデータが実態調査として不十分であることに同意し、さらに調査を実施し実態を把握したうえで、展示時間に限らず、設備に対する規制や展示する猫の年齢制限など、猫カフェに対する新たな規制導入も視野に入れ検討するべきとの意見が出された。

 同省は今回の部会での審議結果を検討したうえで、4月上旬にパブリックコメントを実施し、5月31日までの改正省令公布・施行を目指す。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする