動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年03月21日

猫に快適に過ごしてもらうための部屋作り

マイナビニュース

赤ちゃんや小さい子供がいる家庭では、万が一のケガやいたずらに備えて部屋のあちこちに対策をすることも少なくないはずです。これは猫を室内で飼う場合も同様であり、それなりの準備が必要になるのです。そこで今回は、人間と猫が室内で快適に過ごすための部屋作りについてご紹介しましょう。

■猫は高いところが好き

猫は非常に高いところが好きな動物として知られています。その理由としては、周囲の状況を見渡せて危険を回避しやすいため、立場が上であることを主張するためなど本能的な感覚が影響しています。さらに室内であれば、下よりも上のほうが暖かいため、寒い時期は特に高いところを好む傾向があります。市販のキャットタワーを購入するのも良いですが、猫によってはあまり好まないこともあるので、まずは家にある椅子やテーブル、棚などの家具を使って段差を作ってみると良いでしょう。

■危険な部分は保護を徹底

成猫であればある程度危険なものとそうでないものの区別がつくようになりますが、子猫のうちは何をするかわからないものです。いたずらされると危険なものに対しては徹底した対策が必要になります。キッチンであればガスコンロに乗らないように両面テープを貼り付けて嫌がるようにする、柵をつけて乗れなくするなどしておきましょう。また、かみ癖がある猫に対しては電気コードに保護カバーをつける、誤飲の心配がある輪ゴムなどの小物や人間の食べ物は出しっぱなしにしない、お風呂でおぼれないように水を抜いておく、脱走防止のためにベランダや玄関に柵をつけるなどしておくと安心です。

■安心できるスペースを用意しよう

猫も人間と同じように、ひとりになりたいとき、びっくりしたときなどに自分だけのスペースに入ることがあります。よくあるのが押し入れやソファの下、箱の中などの狭くて薄暗いスペースで、そこを寝床にする猫も少なくありません。また室内にこれらの場所がないと、自分のニオイがついている猫用トイレにこもってしまうことも。早い段階でこれらスペースを設けておくといいでしょう。

■床の材質はできるだけやわらかいものを

近年は床材にフローリングを利用している場合が多いですが、猫にとっては固くて冷たく、足腰に負担をかけることもあります。また、爪による細かな傷がついてしまうこともあるので、カーペットやコルクマットを敷いておくと安心です。

人間には何気ないことであっても、猫にとっては非常に不快なこともあるはず。飼い猫の様子を日々観察しながら、少しずつ快適な環境を用意してあげましょう。



タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする