動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年03月22日

いなくなってからでは遅すぎ!愛するペットを盗難から守る8箇条

アメーバーニュース


動物好きにとって、愛するペットは家族も同然。でも可愛いワンコを連れてお買い物にいったときに車中で留守番させたり、塀があるから大丈夫と自宅の庭で放しっぱなしにしたり、していませんか?

恐ろしいことに、ペット、とくに血統書つきの人気種を狙う盗難事件が増加しているそうなのです!

そこで今回は、アメリカのウェブサイト『mother nature network』の記事を参考に、あなたの愛するペットを心ない泥棒の魔の手から守るための対策8箇条をご紹介します。



■1:盗難に遭いやすい犬種を知る

アメリカで一番盗難に遭いやすい犬種は、ヨークシャーテリア、ポメラニアン、マルチーズ、ボストンテリアなど、小型で見た目が愛らしいものが多いようです。

でも、「うちは大型犬だから大丈夫!」なんて安心してちゃダメです! ラブラドール・レトリバーなど、人気の大型犬も狙われる確率が高いのです。まずは、どんな犬種が最も狙われやすいか、事実を事前に知っておきましょう。



■2:ペットにタグとマイクロチップをつける

ペットの首輪に、持ち主の名前と電話番号を書いたタグをつけておきましょう。ただ、泥棒はこのようなタグを取ってしまう可能性があるので、”マイクロチップ”と呼ばれる、個体識別番号を登録した小さなICを皮下に埋め込んでもらうのもよいでしょう。



■3:避妊手術をする

犬や猫は、盛りの時期になると相手を探して放浪する習性があります。外をさまよい盗難に遭わないために、また飼えない仔犬や仔猫を増やさないためにも、ペットの避妊・去勢手術をお忘れなく。



■4:買い物中ペットを車中や店の外で待たせない

犬を外出先に連れていき、買い物している間に車中に残すのはやめましょう。泥棒なら、少しだけ開いた窓を押し下げるテクニックなどはマスターしているはずですよ。

また、買い物するご主人を店の外で待つワンちゃん、このような微笑ましい光景をよく目にしますが、これも盗難の危険大! 予防のためにはこの習慣もやめましょう。



■5:留守にする場合や夜間は庭に放置しない

出かけるとき、「家の中ではかわいそうだし、塀があるから大丈夫」と、犬を庭に放置したままにしていませんか? 

泥棒は、飼い主の留守や就寝時を狙うため、それでは格好の獲物になってしまいます。大型犬のように、どうしても外に出しておかなければならない場合は、泥棒が塀に登れないようにしたり、門に鍵をかけたりなどして対策を取って下さい。



■6:他人の質問に詳しく答えない

見知らぬ人に「オタクのワンちゃん、なんていう犬種? おいくらぐらいするの?」と質問されたら、「いただいたので、分からないんですよ〜」などと言って、うまくかわしましょう。高価な純血種は最も狙われやすいのです。また、「仔犬を産んだら買いたい」と言ってくる人には、もう避妊手術をしてますので、と答えて下さい。



■7:最近の写真を撮る

まさかの盗難に遭ったときのために、犬の写真をこまめに撮り、パソコンに保管しておきましょう。写真はあらゆる角度から写し、珍しい特徴などはきちんと記録しておいて下さい。



■8:非常時プランを考える

自然災害や火事などが発生した時、ペットを置き去りにしなくて済むように、ペットを連れてどこにどう避難するか、あらかじめプランを立てておきましょう。



以上、”可愛いペットを盗難から守る方法”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

うちは大丈夫、なんて流暢に構えていたら、盗まれてから後悔することになりかねません。世知辛い世の中ですが、愛する家族が突然いなくなるのを防ぐために、あらゆる場面を想定して、防御策を練ってくださいね。




タグ:盗難
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。