動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年04月30日

盲目老犬に猫寄り添う 甲斐・西川さん宅に野良2匹 近所で人気

山梨日日新聞


甲斐市玉川の自営業西川泉さん(59)が飼っている盲目の老犬に野良猫2匹が懐き、寄り添うように散歩する姿が、地域で話題になっている。片時も離れない様子に、近所の子どもたちは興味津々。3匹は周囲を和ませる存在となっている。

 老犬「パン」は20歳の雌で、もともと甲府市内の西川さんの実家で飼っていた。飼い主だった父が高齢になったため引き取り、昨年5月から現在の自宅で飼っている。5、6年前から病気で目が見えなくなり、名前を呼んでも反応はなく耳も聞こえない様子という。

 野良猫が現れたのは昨年11月。キジトラの若い雄で、自宅庭のパンの犬小屋に居着くようになった。毎日数回パンを散歩に連れていくたびについてくるという。2カ月ほど前からは小さな黒い野良猫も加わる日が増えた。西川さんは「パンは猫を嫌がらず、むしろ猫が近くにいないときは寂しそうに鳴く」と話す。

 地元の子どもや親に人気で、散歩すると集まってくることもしばしば。近くに住む小沢由奈ちゃん(4)は「動物は好き。犬と猫が一緒にいてかわいい」と笑顔を見せる。

 西川さんは「パンがとても優しいので、猫たちはパンのそばにいると安心するのかもしれない。見ている方も癒やされる。これからも温かく見守りたい」と話している。



タグ:野良猫
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする