動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年05月10日

岐阜県が「保健所で収容した犬猫の譲渡を行う動物愛護センター」をオープン

マイナビニュース


岐阜県は、保健所で収容した犬・猫の譲渡推進や動物愛護普及啓発、被災動物の救護などを主な目的とした「岐阜県動物愛護センター」を、同県美濃市に4月23日にオープンした。

ドッグランは一般にも開放

同センターは、収容動物の譲渡を専門とする施設で、県内初の試みとなる。保健所から受け入れた犬・猫を飼育し、新しい飼い主に引き渡すことを目的としているが、適正な飼育のために譲渡前に講習会を実施する。譲渡する犬・猫には不妊去勢手術を行うほか、マイクロチップも装着する。

また、一般に向けて、犬・猫のしつけ教室や動物愛護教室等のイベントも実施する。災害時にペットも避難する場合を想定した避難訓練なども行うほか、被災動物救援拠点として、被災用テントなどの資材を確保し保管もするという。

敷地面積は、約3,455平方メートル。敷地内には、犬5頭、猫10頭が飼育可能な「犬猫飼養管理室」や、引き取り希望者が希望する犬に触って愛称を確かめる「マッチングスペース」などを完備している。屋外には犬が自由に遊べるドッグランも設置。ドッグランは、一般のペットオーナーも無料で利用することができる。

同センターの公式サイトでは、譲渡可能な犬猫の情報や、開催するイベント情報について公開している。開館時間は9時30分〜16時30分。休館日は、毎週火曜日、祝祭日、12月29日〜1月3日。




posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。