動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年05月12日

老ペットの世話 施設で最期まで 高齢飼い主に代わりサービス

東京新聞

生活環境や医療の改善によってペットの寿命が延びる一方、飼い主が高齢や病気のため世話することができなくなるケースが増えている。こうした中で飼い主に代わり、老いた犬猫を最期まで介護するサービスに取り組む施設に問い合わせが相次いでいる。
 昨年九月に施行された改正動物愛護管理法では、飼い主が最期まで世話をする責任が明記され、自治体は受け取りを拒否できるようになった。介護施設の運営者は「行き場をなくしたペットを受け入れる場所が必要」と厳しい表情で話す。
 介護用の低反発マットを敷いた三畳ほどの個室に、人間なら七十〜八十五歳程度に当たる犬三頭が暮らす。いずれも飼い主が病気になり面倒がみられなくなった。
 三頭を預かる新潟県阿賀野市のペットホテル「わんわんぱーく」では、三月から老犬の終身介護を始めた。運営する柿本晃亜(あきつぐ)さん(39)は「高齢になると認知症で一晩中ほえたり、自力での排せつが難しくなったりする」と説明、スタッフ七人が日に三回の体温計測や手作りの餌で体調を管理している。費用は入居費一律五万円のほか月四万〜八万円かかる。
 日本獣医学会などの統計では、一九八〇年に二・六歳だった飼い犬の平均寿命が二〇〇九年には一五・一歳に。飼育数は約千百万頭で、うち半数以上が高齢期とされる七歳以上という。
 長崎市のペットホテル「老犬ホーム アリスの家」には、高齢の五頭が生活する。寝たきりになった中大型犬用のバリアフリーの個室五室は常に満杯だ。〇五年ごろ、高齢になった飼い主から犬を預かったのをきっかけに、これまで二十頭ほどを介護し、みとってきた。
 「最期まで飼い主と一緒に過ごすことが理想だが、人も犬も高齢化すれば事情が変わる」とセンター長の海士元弘(あまもとひろし)さん(52)は力説する。
 環境省によると、ペットホテルなどによるサービスのほか、昨年四月一日時点で十都道県、計二十施設が犬猫の介護専門施設として登録されている。担当者は「同様の施設の需要はさらに高まる」と予測している。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする