動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年05月27日

鳴き声うるさい…犬猫適正飼育求める条例制定へ

読売新聞

「鳴き声がうるさい」など犬や猫にまつわる市民の苦情が後を絶たない。


 札幌市はしつけなどの適正飼育を飼い主に求める条例を制定する方針を固めた。すでに施行された道の条例は努力義務にとどまっている。抜本的な解決につながっておらず、独自に条例を制定する必要があると判断した。罰則の導入も検討している。

 札幌市が制定を目指しているのは、動物愛護管理に関する条例(仮称)。市は4月、獣医師やペット販売業者、公募の市民らで構成する市動物愛護管理のあり方検討委員会を設置した。検討委は、今年秋までに条例の骨子案をまとめ、市は2015年度に条例案を策定する方針だ。

 ペット人気が続く中、13年9月には改正動物愛護管理法が施行され、「飼い主の責任」が盛り込まれた。条例案では飼い主らの適正飼育や動物愛護精神の育成、動物取扱業者への指導など動物の福祉向上を柱に、これを守らない飼い主らに罰則を科すことも検討している。

2014年05月26日 11時57分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
タグ:条例 札幌市
posted by しっぽ@にゅうす at 06:27 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする