動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年05月28日

動物愛護施設が県と連携し、飼い主のいない犬猫の里親探しを開始

マイナビニュース

動物愛護施設「人と動物の未来センター"アミティエ"」(鳥取県倉吉市)は、鳥取県と連携して、放浪犬や、飼い主が飼えなくなった猫などに、新しい飼い主を見つける取り組みを開始した。


「アミティエ」とは


福島からの保護ネコ
「アミティエ」は2013年9月に開所した動物愛護施設。公益財団法人動物臨床医学研究所の附属野生生物センターを拡充したもので、猫用の保護スペース、犬の数や大きさに適応できるようなスペースを設置している。また、個別のドッグランや一面芝生の大規模なドッグランも有し、動物が快適に暮らせるように配慮した施設となっている。

鳥取県では、これまで県内3カ所で犬・猫を収容し、新たな飼い主に譲渡を行ってきた。しかし、その施設は動物の管理、譲渡などを目的に設置される「動物愛護センター」ではなく、保健所に相当するもので、中長期の飼育は困難だった。平成24年度には収容した1,559匹中、9割近くがやむなく致死処分になったという。


そこで1匹でも多くの犬・猫たちの命を救おうと、アミティエと県は連携を開始した。同県は、収容後に譲渡の適性を確認してアミティエに引き渡し、ストレスの少ない環境で飼いながら里親を探す。連携開始からほどなく、米子市などで保護された犬4匹が、アミティエに引き渡された。今年度は犬、猫各100匹の譲渡を目標にしている。






タグ:アミティエ
posted by しっぽ@にゅうす at 03:21 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。