動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年06月29日

また、お手柄犬!クマ退治で飼い主救った

スポーツ報知


またシバ犬がお手柄だ! 金沢市で28日朝、夫婦で犬の散歩をしていた田中孝季さん(63)がクマに襲われ、頭と尻をかまれた。一緒にいた雌の黒シバ犬が飛びかかり、クマを追っ払った。田中さんは病院に搬送され金沢市たが、命に別条はない。飼い主を救った犬の名前は「ショコラ」ちゃん。妻の富美子さん(59)は「ショコラがいなかったらどうなっていたか…。助けてもらったなあと思います」と話している。今月21日には秋田県でも、クマに襲われた5歳男児をシバ犬が救っていた。

 石川県警金沢東署や関係者の話によると、田中さん夫妻は28日午前、金沢市御所町の自宅からショコラの散歩に出発。約500メートル離れた「御所ひがし公園」近くの山道に入った午前9時10分頃、木登りをする2頭の子グマを発見した。

 珍しい光景に驚いていると、親グマとみられる体長約1・7メートルの成獣が田中さんの背後から突然襲いかかった。田中さんは頭と尻をかまれて倒され、クマに乗りかかられるような格好になった。

 その時、傍らにいた体長約50センチのショコラが親グマに突進。頭上から飛びかかると、懸命にほえてクマを威嚇した。その勢いに驚いたのか、親グマは子グマと共に逃げていったという。

 富美子さんが近所の住宅に駆け込んで119番。田中さんは病院に搬送されたが、切り傷を負った程度で命に別条はなかった。富美子さんは「ショコラが飛びかかっていなければ、いつクマが退いてくれていたか分かりません」と振り返った。

 ショコラは普段はおとなしく、ほえることもないという。「野生の本能を働かせてくれたんでしょうか。今日はエサを奮発してあげないといけませんね」。生後すぐの頃に知人から譲り受け、現在9〜10歳。「とてもフレンドリーで番犬にはならない犬だと思っていましたが、助けてもらいました」

 金沢東署や地元猟友会などは逃げた3頭のクマの行方を追っているが、捕獲には至っていない。現場から北に数百メートルの地点でクマのものとみられる足跡が発見された。

 現場付近は山沿いながら一軒家が立ち並ぶ住宅街で、保育園や小学校もある。約2キロ西側には、プロ野球・巨人などで活躍した松井秀喜さんやサッカー日本代表の本田圭佑の母校・星稜高がある。県警はパトカーによる巡回で周囲に警戒を呼び掛け、計1400枚のチラシを配布した。

 石川県の資料によると、金沢市内では昨年52件、今年に入ってからも22件のツキノワグマの目撃情報が寄せられている。今月20、22日にも110番通報があった。


タグ:クマ お手柄
posted by しっぽ@にゅうす at 08:12 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする