動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年08月01日

犬のフン放置対策の切り札!?大阪府泉佐野市が導入を断念した「犬税」の是非

ダイヤモンド・オンライン


神奈川県の動物保護センターが発表したところによると、神奈川県では昨年度の犬の殺処分数が初めてゼロになったとのことだ。つまりは、一匹もワンちゃんを殺さなかったのである。

センターに登録している三〇以上のボランティア団体と個人が、保護した犬の里親捜しに尽力した結果、昨年度の犬の処分数をゼロにした。三日に一匹の割合で捨て犬等を保護していたにもかかわらず、である。これを受け、黒岩祐治神奈川県知事は、

「神奈川県は殺処分ゼロを継続する。動物に優しい県を目指す」

と宣言した。でもHPをもう少し見やすくしてください黒岩閣下。すっげーお役所仕事みたいなHPで見づらいんです。

しかし、犬の殺処分ゼロは全国に誇るべきことで、動物に優しい県も大賛成なのだが、逆に動物の放棄を危惧するボランティア団体もある。

「殺処分がゼロになったことで『神奈川に捨てれば殺されない』と放棄が増えるのでは、との不安が大きい」

犬の殺処分数は、以前と比べればうんと減ったとはいえ、それでも全国で年間四万匹前後が処分されている(平成23年度4.3万匹平成24年度3.8万匹)。

猫に至っては十三万匹で、そのうち八万匹は「幼体個体」と言われる、一歳未満の離乳していない仔猫だ(犬は約七〇〇〇匹)。中には目も開いてない赤ちゃんもいるんだって。どーしてこんなにたくさんの犬猫を殺してしまうんでしょう。答え:人間の都合。

ものすごく不思議に思うのは、犬猫が殺処分されるということは、里親捜しが飽和状態で、つまりは保護された犬猫の引き取り手がいないってことなのに、何故かペットショップは繁盛している。数は減ったとは言っても、毎年十六万匹もの犬猫が処分される一方で、小動物がどんどん売られているってことだね。

環境省も、六月三日、将来的に犬猫の殺処分をゼロにするための行動計画を発表した。これは動物の遺棄防止や里親捜しなど先進的な対策を実施している自治体をモデル地区に選定し、その取り組みを全国に広げる――、という、いかにもお役所的な……、もとい、えらく時間のかかりそうなプログラムを組んだ。

いま、日本の食文化は世界のエコテロリスト……、もとい、環境保全団体から目の敵にされている。マグロ漁にクジラ漁、和歌山県太地町のイルカ漁、さらにはサメ漁にまでいちゃもんをつけるクレイジーな……、もとい、過激な環境保全団体がいる。米国のキャロライン・ケネディ駐日大使までが従兄弟(シーシェパードの弁護士)に感化され、イルカ漁には反対などと発言している。大丈夫か、こんなのが大使で。

そんなときに、だ。日本人は小動物の命を粗末にしている、というようなイメージはあまり勧められたものではないと思わないか。私が過激な環境団体のメンバーだったら、動物愛護協会と組んで犬猫の殺処分問題を槍玉に挙げるよ。日本人はクジラやイルカだけでなく、イヌや猫を十六万匹も殺している、とか。

だから、小動物の殺処分ゼロ運動は、環境省だけでなく、水産庁や外務省レベルで取り組むべきなんじゃないか、と思うのだけど、絶対にやらないね。

飼えないペットは、無責任な飼い主に遺棄され、運がよければ保護され里親を見つけてもらえるが、運の悪い犬猫は保護された後、たいがいはガス室に送られる。自治体によっては薬物を注射するところもあるらしいが、ほとんどは二酸化炭素を送り込んで死に至らしめるのだそうだ。

ずいぶんと前に屠畜場の取材をしたことがあるのだけど、屠畜場に送られ、屠られ解体される牛豚鶏の死は、私たちの胃を満たすためだけにある。牛は一頭が歩き出すと、他の牛もそれに従う習性があるが、屠畜場ではその習性が利用される。先頭の牛が巨体を揺らせ倒れても、後続の牛たちは歩みを止めることもしない。

牛や豚が屠られ解体される姿は可哀想ではあるが、でも、私たちが食べるから牛や豚や鶏は屠られる。それがどんなに残酷だと思っても、霜降り肉を見せられれば私たちは歓喜し、血の滴るようなレアで焼いてもらう。

だが、処分される犬猫は、殺されるだけだ。文字どおりの処分なのである。

という話を前フリにして、ペットの遺棄は重罪だが、犬の飼い方もまた問題があるようだ。放置フンの問題である。

大阪府泉佐野市では、犬のフンの放置対策として「犬税」の導入を検討していた。が、有識者でつくる検討委員会が最終会合を開き、犬税の導入は難しい、との答申書をまとめた。

泉佐野市は、どうやら犬の放置フンに悩まされていたらしい。放置フンなんてのは飼い主のモラルの問題だと思うが、条例を制定しても埒が明かなかったらしい。

平成一八年、泉佐野市は「泉佐野市環境美化推進条例」を施行し、犬の放置フンも禁止行為に規定していた(平成二四年には、違反者に対し過料一〇〇〇円の徴収も決定)。さらに「放置フンGメン」ってのをつくって、放置フンの回収や啓発活動を行なってきたのだそうだ(過料は後に五〇〇〇円に引きあげ)。

放置フンの処理にどれくらいの費用がかかるか計算したところ、徴税職員を二名配備した場合、人件費だけで年間約一五〇〇万円+雑費一〇〇万円を算出した。この、人件費他一六〇〇万円の経費をいかに捻出するか……、で、犬税が検討されたのである。

犬を飼っている買い主から一匹あたり二〇〇〇円を徴収、さらに税収を約一〇〇〇円とし、それでかかる経費の一六〇〇万円をまかなえると泉佐野市は試算した。

しかし、この「犬税の導入」は見送られることになった。

獣医さんを含む三人の大学教授と弁護士、保健所の室長、市の連合会長、市民代表ら八人が検討委員会を開いたが、市内の飼い犬約九〇〇〇匹弱に対して、飼養犬登録率が58.7%しかなかった事実が判明した。

約四割もの犬が未登録な中で犬税を導入しても、税負担の公平性が担保できない、が導入見送りの理由となった。

また、泉佐野市というところは、どうやら市民寄りの市らしく、かかる経費を税金でまかなえば犬税の導入は容易だが、それでは犬を飼っていない納税者の負担が増える、との考えも導入を見送った理由のひとつとのことだ。

私は知らなかったのだけど、犬は拾っても、もらっても買っても飼っても、届け出の義務がないんですね。つまりは、市町村と動物病院の連係がない。狂犬病予防などでワクチンを打ちに動物病院に行くはずだから、そのとき登録した住所をそのまま役所に届け出るシステムにすれば簡単なのに。そうすれば、無責任に犬を捨てる飼い主もいなくなると思うのだけど。

泉佐野市は犬税の導入を見送ったが、私は個人的に犬税は取り入れるべきだと思っている。有名なところでは、ドイツ、フィンランド、チェコスロバキア等々の国が犬税を採用しているが、街の放置フンを処理するのはやはり犬税なのだ。税額はさておいても、一匹ごとに犬税を納めれば、飼い主にも自覚が芽生える。

生まれてこの方、犬の放置フンを見たことは数えるほどしかなくて、イギリスで一度、前を歩いていたおじさんがいきなり転倒して、よく見たら犬のフンに滑っていたというのはあるが、おじさんは怒ってもいなかった。イギリスではよくあることなのかもしれない。ほとんどの犬がリードをつけずに飼い主と歩いていたし。

いま、通っている病院に行く途中、「犬のフンは飼い主が片づけてください」と張り紙をしている家があって、その文言が「ここでフンをさせるな!」とか「見つけ次第、警察に通報します」とだんだんと過激になってきているから、飼い主は懲りず、忠告もどこ吹く風で放置フンを看過しているのだろう。

ドイツでは、街なかの至るところに犬のフン用の処理袋が用意されているのだそうだ。飼い主はそれで飼い犬のフンを片づけるが、もし、放置フンがあれば、善意の誰かが処理袋を使ってフンを始末する。

私は、これが正しい姿だと思う。ただ、街の美化ばかりに気を取られるのにはちょっと反対で、飼い犬のフンを放置する飼い主は言語道断だが、そのむかし、江戸っ子たちはこう言った。伊勢屋稲荷に犬のフン――。

道端に犬のフンが放置されていて、ひでぇなあと思いながら、でも、そのまま通り過ぎる人のほうが圧倒的に多いだろうと思う。犬のフンを見つけたら、おそらく通り過ぎますよね?

それよりも、ドイツのように処理袋があって、気づいた人がフンを片づければ、あとから来る人は不快なものを見ないですむ、と行動に移したほうがみんなのためになる。

自分の都合で捨てた飼い犬がどんな運命をたどるのかを知り、飼い犬のフンを街なかで放置することがどれほどの不快感をもたらすかを知れば、飼い主は他人に迷惑をかけないよう犬の散歩にも気を配るはずだ。

誰もがそんな気持ちを持ったとき、美化運動なんかしなくても、自分が住む街は本当に美しくなるのだろう。




タグ:犬税 泉佐野
posted by しっぽ@にゅうす at 11:11 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする