動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月02日

子猫飼いたいな〜、室蘭で動物愛護フェスティバル

室蘭民報


動物愛護フェスティバル(胆振総合振興局、室蘭市共催)が動物愛護週間(9月20日〜26日)を前にした31日、室蘭市中島町の向陽公園で開かれ、猫たちは愛猫家らから優しく触れられたり、里親に引き取られていった。


Click to learn more...
 会場には、飼い主を求める子猫や成猫計44匹の入った籠が並んだ。同フェスは午前10時から約2時間行われ、大勢の愛猫家らが足を運び、会場には「かわいい」「小さいわ」の声が響き渡り、気に入った猫を抱きかかえる姿も見られた。審査を経て12匹が里親の元に引き取られた。

 室蘭在住のドッグトレーナー亀田磨理さんによる犬の訓練の実演や、獣医師と動物愛護推進員の飼育、健康相談も行われた。

 同振興局保健環境部環境生活課の尾崎伸雄主査は「保健所で処分される動物を減らすこと、また、飼い主のモラルの大切さなどを、この機会に考えてもらいたい」と説明。動物愛護推進員の酒井理江さんは「猫を飼っている方は避妊、去勢手術をしてほしい」と訴えていた。

 同フェスは1993年(平成5年)から年1回開催されている。保健所に引き取られた猫や動物愛護団体に譲渡された猫の飼い主探しも定着しており、昨年は犬と猫合わせて8匹が引き取られたという。
(柴田圭介)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:06 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする