動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月07日

飼い犬のかみつき事故多発「警報」出した政令市/札幌市

読売新聞


 札幌市内で、散歩用のリード(ひも)をつけない飼い犬に人がかまれる事故が今年度、8月末までに24件発生していることが、市動物管理センターのまとめで分かった。

 前年度の総件数(38件)に迫る勢いで、市は「咬傷こうしょう事故多発警報」を出し、注意を呼びかけている。7日には各区の公園でマナー向上キャンペーンを初めて実施する。

 市によると、散歩中の犬や、住宅から逃げ出した犬が通行人にかみついたり、散歩中の犬同士のけんかを止めようとした飼い主がかまれたりしたケースが目立つ。事故件数は、2011年度の51件、12年度の50件から、13年度は38件とやや減少したが、今年度は上半期途中で24件と、ハイペースで推移している。

 今年2月には、白老町の海岸でリードから放たれた土佐犬が散歩中の女性に襲いかかり、女性が溺死する事件も起きた。市は、犬の放し飼いによって犠牲者が出たことを重く見て、飼い主を対象とした啓発の強化に乗り出す。

 第1弾として「リードをつないで楽しくお散歩キャンペーン」と題し、7日午前10時から、モエレ沼(東区)、大通(中央区)など各区の公園20か所で啓発チラシを配布する。モエレ沼公園では、トレーナーが犬の散歩の正しい方法を指導する講座も開かれる。


タグ:咬傷事故
posted by しっぽ@にゅうす at 07:26 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする