動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月14日

迷い犬「富士男」…安住の地は東京・浅草

産経ニュース


昨年7月に富士山頂で保護され、富士男と名付けられた雄の迷い犬が13日までに、東京・浅草に住む50代の夫婦に引き取られた。保護直後から体重は5キロ増え、健康状態は良好。新しい生活にもなじんでいる様子だ。

 保護した動物保護団体「RJAV被災動物ネットワーク」によると、富士男は3〜4歳ぐらいの雑種。昨年6月ごろから富士山頂で目撃されるようになった。自分から登ったとは考えられず、飼い主に置き去りにされた可能性がある。

 ネットワークが、新しい飼い主を探していると、テレビで富士男の存在を知った夫婦から今月初旬に「うちで飼っていて、死んだ犬と似ている。引き取りたい」との申し出があった。7日から一緒に暮らし始め、富士男もなついているようだという。

タグ:富士男
posted by しっぽ@にゅうす at 03:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする