動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月15日

英国、放火でワンちゃん53匹焼死 3日で寄付2億円超える

BLOGOS


11日夕、英国中部のマンチェスターにある捨て犬や迷い犬の民間保護センター「マンチェスター・ドッグズ・ホーム」から異常な犬の鳴き声がするのに近所の住民が気づいた。




このドッグズ・ホームは1883年にオープン。開所以来、100万匹以上の犬を預かり、新しい家族を探しては引き渡している。深い愛情を注がれてしつけられた犬は激しく吠えることは少ない。

しかし、その日は200匹以上の犬が一斉に大きな声で吠え出した。そんなことはこれまで一度もなかった。近所の住民が飛び出したところ、施設から煙が立ち上っていた。

「このままでは犬が丸焼けになってしまう」。住民たちは消防車を呼ぶとともに、高さ3メートルのフェンスを乗り越え、犬舎の扉を蹴破った。室内には煙が充満していた。

尻込みする犬を抱きかかえ、噛まれた住民もいた。結局、150匹以上が近所の住民やボランティア、消防士、警察官に救助された。

犬舎の大半が焼け落ち、53匹が焼け死んだ。放火だった。容疑をかけられた15歳の少年が逮捕された。救出された犬は車で30分ほどの姉妹施設、チェシャー・ドッグズ・ホームに移された。

炎に包まれた犬がトラウマに苦しまないように、専門のボランティア120人が駆けつけた。

焼け落ちた犬舎を建て直すため、地元紙マンチェスター・イブニング・ニューズがオンラインで募金を呼びかけたところ、13日現在で130万ポンド(2億2700万円)が集まった。

英紙ガーディアンの記者は「もちろん15歳の少年が放火しなければ53匹の犬が死ぬことはなかった。しかし、何百人の愚かな人が飼い犬を捨てなければ、犬はドッグズ・ホームに来ることはなかった」と報じた。

英国にはこれまでのエントリーで紹介した「バタシー・ドッグズ&キャッツ・ホーム」をはじめ、全国19カ所のセンターで1万6千匹を世話するドッグズ・トラストなど、多くのアニマル・シェルターがある。

今回の放火事件は本当に悲しい出来事だが、わずか3日で2億円以上の善意が集まったことに少し救われた思いがした。

(おわり)


タグ:海外
posted by しっぽ@にゅうす at 07:20 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする