動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月16日

日本のペットの幸福度調査、あなたの愛、重すぎない?

WPN


日本ヒルズ・コルゲート株式会社と、ペットの健康ケア情報を発信するWEBサイト「Petwell」が共同で、犬・猫のペットオーナー(計403名)を対象に「日本のペットの幸福度調査」を実施した。

 回答者に自身のペットの幸福度を10点満点で採点してもらったところ、犬オーナーで平均7.45点、猫オーナーで7.39点という結果になり、オーナーはペットたちがかなり幸せに暮らしていると感じているようだ。

 また、ペットとの親密度を測る尺度でもある愛犬や愛猫と遊ぶ時間は、1日のうち、犬オーナーは「1時間以上」と「1時間未満」がほぼ半々だが、猫オーナーは「1時間未満」が8割にのぼった。これに関して今回のアンケートの監修を行った動物行動学者で獣医師の入交眞巳先生は、「猫は群れをつくらない動物で、ベタベタした付き合いを好まないと思われがちだが、実は社会性の高い動物なので、起きている間は、声をかけたり、なでたり、ひもでじゃらしてあげたりと、積極的にかまってあげることが大切」とアドバイスしている。

 おやつをあげるときは「ねだられた時」と「寂しい思いをさせた時」が圧倒的に多く、寂しい思いをさせた罪悪感から、ついつい甘やかしてしまう傾向が伺える。それに対して入交獣医師は、「ペットがほしがるからと野放図に与えていると、肥満して、いずれは健康を害することに。今はよくても、あとで後悔することになる」と注意を促している。

 しつけに関しては、犬オーナーの68.7%、猫オーナーの76.2%が自身のしつけを「甘め」と回答。そしておやつをしつけのご褒美として利用している人は犬オーナーで47.2%、猫オーナーで14.3%おり、「仕事をした報酬でごはんをもらうほうが、ただごはんをもらうより好きということがわかっている。そのほうが脳が活性化して覚えもいい」と入交獣医師もしつけへのご褒美の取り入れを評価している。

 多くのオーナーが、「ペットの幸福度は健康度に比例する」とし、とくに「寄生虫の予防やワクチン接種」や、「食事の栄養管理」への関心が高かった。しかし約1/3のオーナーが、現在の愛犬・愛猫の体型は「ぽっちゃり」または「ややぽっちゃり」と答えており、獣医師の調査では、肥満ペットのオーナーの約半数は「肥満の自覚がない」とのデータもあることから、オーナーの自己診断以上に肥満はまん延しているようだ。これに関して、入交獣医師は、「ぽっちゃりを可愛いと感じるオーナーさんも多いが、肥満は生活習慣病の引き金になる。動物病院の定期検診などで太りすぎを指摘されたら、おやつの与え方に注意したり、ペットフードを見直すなどして、早めにケアを」とアドバイスしている。


タグ:調査
posted by しっぽ@にゅうす at 07:28 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする