動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月17日

「地域猫」活動山口で学習会 県が主催

読売新聞


住民が協力して野良猫の世話をする「地域猫」活動についての学習会が、山口市の県教育会館で開かれた。活動の先駆者で横浜市神奈川区福祉保健センター職員の黒沢泰さんが講演し、「猫好きだけではなく、嫌いな人や関心のない人も取り組んでこそうまくいく」と呼びかけた。

 地域猫は、住民が合意のもとでルールを作り、餌やりやフンの始末などを行う活動。不妊・去勢手術も施して繁殖を防ぎ、住民と猫が共生する。横浜市磯子区が1998年度にガイドライン(指針)を作成し、全国に広がったという。

 県が主催し、約120人が参加。黒沢さんは「活動で不幸な猫が増えなくなるほか、猫を介して住民のコミュニケーションが図られ、地域の子どもらに命の大切さを伝えることにもつながる」と紹介。一方で、「成果が出るまでには時間がかかる」とも指摘した。


タグ:地域猫
posted by しっぽ@にゅうす at 07:20 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする