動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月22日

犬猫殺処分ゼロへ誓い新た 支援団体が初の「フェスタ」 [福岡県]

西日本新聞


 飼い主から捨てられ、殺処分される犬や猫のない社会を目指そうと、県内の愛護団体関係者でつくるNPO「ハグミーねっと」は21日、篠栗町篠栗の町多目的広場で初めての「ふれあいフェスタ」を開いた。
 殺処分されそうな犬や猫を引き取って、新たな飼い主を捜す団体は県内に10以上あり、関係者が2009年にハグミーねっとを設立した。動物の命の大切さを訴える紙芝居や童話を作り、学校やイベントで上演するなど啓発活動をしている。福岡県は09年度まで殺処分頭数が全国ワーストで、その後も殺処分は依然なくならないため、地域で動物の命の重みに触れる場としてフェスタを企画した。
 広場では、プラスチックの円盤を犬が追いかけて口にくわえる「ディスクドッグ」の披露や、県動物愛護センター(古賀市)から引き取った犬の譲渡相談会などがあった。
 ハグミーねっとの久野麻子さん(52)=福岡市東区=は「旅行に行くからペットを引き取ってほしい、など信じられない考え方の飼い主もいる。イベントを通じて犬や猫を慈しむ人が増えることを願う」と話した。
 ハグミーねっとは、フェスタの開催希望地を募っている。
=2014/09/22付 西日本新聞朝刊=


posted by しっぽ@にゅうす at 07:54 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする