動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月28日

徳島で動物愛護のつどい

読売新聞


動物愛護週間(26日まで)に合わせ、ペットの正しい飼い方などについて考える「動物愛護のつどい」が23日、徳島市渋野町のとくしま動物園と神山町阿野の県動物愛護管理センターであり、親子連れらが動物と触れ合い、命の尊さや飼い主の責任について理解を深めた。


 つどいは同センターと徳島市、県獣医師会が毎年、この時期に開いている。

 このうち、とくしま動物園では、訪れた子どもたちがカゴに入ったモルモットや散歩中のラマに直接触れたり、セイロンゾウやリスザルに餌を与えたりした。

 徳島市西須賀町、市大松小2年生(7)は「動物は今どんな気持ちだろうと想像しながら触った。モルモットの体は温かくてかわいかった」と話していた。

 同センターによると、2013年度の県内の犬と猫の殺処分数は前年度より871匹減り、2290匹だった。同センターは「ペットも家族の一員。最後まで責任と愛情を持って飼ってほしい」と呼びかけている。

2014年09月24日 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
posted by しっぽ@にゅうす at 07:47 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする