動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月28日

犬や猫に愛情を 三重県庁で動物愛護の絵とポスター展示

産経ニュース


動物愛護週間にちなみ、津市の県庁1階県民ホールに動物愛護の絵とポスターの優秀作が展示されている。犬や猫などに愛情を注ぐ目線で描かれた作品が、訪れた市民らを楽しませている。30日まで。

 知事賞は小学校低学年の部は四日市市立富田小1年、新啓杜さんの作品で、シャワーで犬を楽しそうに洗う少年の姿を通し子供や犬のほのぼのとした関係を表現した。小学校高学年の部は伊賀市立神戸小4年の藤岡楓万さんの作品で犬と猫、少年を「大好きな家族」と題し家族に見立てた点を評価された。中学校の部は御浜町立御浜中1年の北島水葵さんの作品で「つけよう迷子札」と迷い猫の防止をアピールしている。

 小中学生から1万2749点の応募があり、知事賞を含め60点の入選、入賞作を展示。動物愛護週間は毎年9月20日から26日までだが、作品展は10月2日から12月9日まで、四日市市総合会館1階ロビーなど県内10カ所の公共施設や大手ショッピングセンターなどでも巡回展示する。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:47 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする