動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年11月18日

絶滅危惧種のウミガラス狙うネコさし上げます

読売新聞


絶滅危惧種のウミガラス(オロロン鳥)など海鳥の繁殖地として知られる北海道羽幌町の天売島で、環境省や町が海鳥を捕食する野良猫を捕獲している。

 16日には札幌市中央区で開かれた猫の譲渡会に捕獲された猫が初めて出され、9匹が来場者の手に渡った。

 環境省北海道地方環境事務所や町によると、天売島には200〜300匹ほどの野良猫が生息しているとみられ、卵が狙われるなどの問題も起きている。このため、町は2012年4月、飼い猫の登録義務や行政による野良猫の保護収容などを盛り込んだ「天売島ネコ飼養条例」を施行。13年2月に箱ワナによる試験捕獲を始め、今年10〜11月には約40匹を捕獲した。

 猫は動物病院で不妊・去勢手術やワクチン接種などを行った後、町内などで一時飼育して人になれさせる。この日は、猫の飼い主を探す活動をしている団体が主催した譲渡会に12匹を出し、来場者はケージ越しに引き取る猫を選んだ。町環境衛生係の杉野浩係長は「多くの人に天売の問題を知ってもらえれば」と話した。

2014年11月17日 13時34分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun


タグ:天売猫
posted by しっぽ@にゅうす at 07:20 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする