動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2015年01月04日

人気のコアラ、補充せず…展示種削減する動物園

読売新聞


1日に開園100周年を迎えた大阪市天王寺動物園(大阪市)が、展示動物の種類を約2割削減する方針を決めた。

 死んでも補充を行わない種や、他の動物園へ譲渡する種をリストアップ。人気のコアラやオランウータンも含まれる。経営のスリム化と希少動物の補充困難が背景にあり、大型の動物園では異例。次の100年に向けた経営改革を進める。

 ◆立て直し

 計画では、5〜10年で実施。手始めに、飼育中の約200種のうち、哺乳類・鳥類の計141種について、112種を目標に減らす。

 新鮮なユーカリを大量に食べるコアラは、3匹を飼育。しかし、餌代は年間約7400万円で、全動物の半分を占める。豪州の保護政策で、新規導入が厳しく制限されており、補充しないことを決めた。

2015年01月02日 15時12分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun


タグ:動物園
posted by しっぽ@にゅうす at 07:17 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする