動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2015年06月22日

命の大切さ考えよう 収容施設の犬猫データや写真展示/茨城

東京新聞


捨てられたり迷子になったりして施設に収容された犬猫の現状や、犬猫の正しい飼い方などを伝えるパネル展(県など主催)が二十日、水戸市のイオンモール水戸内原で始まった。入場無料。二十八日まで。
 昨年度、県動物指導センター(笠間市)に収容された猫は二千六百四十五匹で、このうち八割超の二千二百十八匹が殺処分された。犬は二千六百六匹が収容され、六割超の千七百五十一匹が殺処分となった。
 パネル展ではこうしたデータや、収容された犬猫の写真などを通じて命の大切さを訴えている。期間中の二十一日と二十八日は獣医師による相談会が、二十七日はしつけの相談会がそれぞれ開かれる。問い合わせは平日のみ、同センター=電0296(72)1200=へ。 (妹尾聡太)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:13 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする