動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2015年06月30日

国道の高架橋で猫の救出作業 約1時間後に確保 東京・世田谷区

FNN


東京・世田谷区の国道246号線高架橋で、高さ10メートルほどの橋脚の上に、猫がいるのが見つかった。
現場には、大型の作業車が駆けつけるなど、大がかりな救出作戦が展開された。
東京・世田谷区玉川の国道246号線高架橋の橋脚の上に、1匹の猫がいるのが見つかった。
橋脚は、高さ10メートルほどあり、警視庁から通報を受けた東京国道事務所の代々木出張所は、午後2時すぎ、橋の点検などに使う高所作業車を現地に派遣して、猫の救助活動を行った。
橋脚の上に作業員が上がり、総勢20人ほどによる救出作業開始から、およそ1時間余り。
猫は、作業員によって確保され、袋の中に入れられて、無事、地上に下ろされた。
猫は、子猫とみられ、国道事務所は今後、飼い主を探すことにしている。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:52 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする