動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月02日

犬や猫に最適な食事とは?

産経ニュース


私たち人間と同じように、犬や猫も毎日食事をとっていますね。ビタミンやミネラル、タンパク質など、食事にはいろいろな栄養素が含まれていて、体の中でさまざまな働きをしています。

 犬や猫に必要な栄養素の種類は、人間とほとんど違いはありません。しかし、それぞれの栄養素がどのくらい必要なのかといった“バランス”は異なっています。それでは、犬や猫にとっての「よい食事」とはどのような食事なのでしょうか。

 この問題を考えるにあたって、まずは犬や猫の体の状態をよく知る必要があります。ところが、犬や猫にはさまざまな品種があるため、ひとくくりに考えることができません。体のサイズや品種が違えば必要な栄養素のバランスも大きく違ってくるからです。

 特に、犬は品種によって体重や体形に大きな差があります。例えば、最も小さい「チワワ」と、体が大きいことで知られる「セントバーナード」を比べると、その体重の差は50倍。人間に置き換えてみると、体重40キロの小柄な人と、体重が2トンもある大柄な人がひとくくりにされているようなものです。必要な栄養素のバランスが違っていて当たり前ですよね。

また、大きさが同じくらいでも、品種によって毛の長さや質、体形など特徴はさまざまです。成長期なのか中高齢期なのかによって、必要な栄養素も異なってくるのです。

 動物と暮らすうえで、こうした品種や年齢による差を理解することが欠かせません。これから、このコーナーでは、経験豊富な獣医師が犬や猫の特徴や健康維持のために注意したいポイントなどをご紹介していきたいと思います。(ロイヤルカナン ジャポン 獣医師・原田洋志)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:04 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする