動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月08日

犬猫譲渡の場所 10日から毎週日曜

北海道新聞


函館市内の動物愛護ボランティアグループ「函館ワンニャンパトロール」が、定期的に犬猫の譲渡会やフリーマーケットを開催する場所を市内海岸町15の20に設けた。10日午前11時から同所で譲渡会を開く予定で、西田のり子代表は「譲渡会のみならず、動物愛護の啓発活動にも活用していきたい」と話している。

 同会は、傷ついた猫を保護するなどしていた個人ボランティアから広がる形で、2005年に結成。保健所の抑留期限が切れた犬や、保健所に持ち込まれた犬猫を引き取ってボランティアで世話をし、譲渡会で新しい飼い主を探すなどしている。一般家庭からの引き取りは行っていない。

 これまで、譲渡会は夏に月3、4回のペースで、店舗の駐車場などを借りて開いてきた。屋外のため冬場は開けなかったが、空いている持ち家を提供するとの申し出を協力者の市民から受け、無償で借りて用いることになった。

 建物は2階建てで、2室がある1階を使う。1室(12畳)は犬猫用のケージやテーブルを置いて譲渡会と同会の活動資金に充てるフリーマーケットが開催できるようにする。もう1室(6畳)はじゅうたんを敷き、来場者が猫などと触れ合える場所にした。

 譲渡会、フリーマーケットは毎週日曜に開く予定で、10日は子猫を含む猫約10匹とシュナウザー犬の新しい飼い主を探す。

 同会のメンバー、協力者は現在10人で、寄付やフリーマーケットの益金で資金を賄っている。保護している犬猫は約60匹おり、西田代表は「天候や季節に関係なく譲渡会を開くことができ、活動の幅が広がる。写真展示なども開きたい」と話している。問い合わせは同会(電)090・2692・7455へ。(押野友美)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:59 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする