動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月13日

ビル隙間5センチ、子ネコが…パイプ外し救出

読売新聞


甲府市の中心街で8日、ビルの隙間から出られなくなった子ネコの救出劇があり、無事に助け出された子ネコが「ニャー」と元気よく鳴くと、見守った人たちから拍手が起こった。

 場所は、甲府市丸の内にある洋服リフォーム店「甲府リフォーム駅前店」が入居するビルの脇。隣接するビルとの5センチほどの隙間から、ネコの鳴き声が聞こえたため、店員が正午過ぎ、119番した。

 甲府地区消防本部中央消防署のポンプ隊がまもなく現場に到着したが、隙間はガスを通すパイプで塞がれていた。このため、ガス業者を呼び、パイプを外してもらった。その後、隊員らは壁を覆っていた木材の一部をノコギリで切ってスペースを確保。「おいで」と呼びかけたり、魚の切り身を見せておびき寄せたりしても、警戒しているのか、子ネコはなかなか近づいてこない。隊員は棒で近くに誘導するなど、根気よく救出活動を続け、午後1時半頃、子ネコを捕まえた。

 子ネコは体長約20センチ。灰色で、首輪がなく飼い主はいないとみられる。リフォーム店のオーナー、斉藤勝美さんは「声が小さく、心配だったけれど、助かってよかった」と胸をなで下ろしていた。

 子ネコは県動物愛護指導センターが保護。同センターによると、病気やけがの有無などを調べ、譲渡が可能と判断すれば、ホームページなどを通じて飼い主を募集するという。

2016年04月09日 12時55分 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 07:49 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする