動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月19日

犬猫保護施設の資金調達サイト開設 オリックスが全面協力

毎日新聞


関西の動物愛好家らでつくる一般社団法人・関西ペット協会(神戸市)が殺処分前の犬や猫を保護し、新たな飼い主に譲渡する施設を建設しようと、ネット上で寄付を募って資金調達するクラウドファンディング(CF)のサイト(http://crowdfunding.petinformation.jp/)をつくった。神戸にゆかりの深いプロ野球オリックスの全面協力を得て、寄付してくれた人にはお礼に球団特製トートバッグなどを贈る。

【写真特集】イヌと一緒に遊びましょう!
犬猫保護施設建設のため クラウドファンディング開設

 関西ペット協会は2012年、広告会社代表の熊沢明子さん(44)=神戸市長田区=ら有志が設立した。オリックスが今季、日本球団で初めてつくったペット対象のファンクラブ「Bsわんにゃんクラブ」を支援したり、動物との共生を考えるフォーラムを通販大手フェリシモ(同市)と共催したりと、活発に運動を展開。今夏には獣医師による健康管理や、トレーナーによってしつけてもらう保護施設の建設を目指す。開設場所は既に、京都府福知山市の農場「みわ・ダッシュ村」から無償貸与を受けた。ただ、コンテナハウスを活用するなど費用を少なく見積もっても「最低3000万〜4000万円」の資金が必要という難問に直面した。




posted by しっぽ@にゅうす at 07:34 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする