動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月23日

熊本市の犬猫26匹を北九州市のセンターが引き取り

NHK


一連の地震で熊本市の動物愛護センターが被害を受けたため、北九州市のセンターが、飼育されていた犬と猫合わせて26匹を引き取りました。
熊本市の動物愛護センターは、一連の地震で建物にひびが入ったほか、水道やガスが止まって多くの犬や猫を飼育するのが困難になりました。このため、交流の深い北九州市動物愛護センターが引き取ることになり、20日、熊本市のセンターで飼育されていた16匹の犬と10匹の猫が北九州市のセンターに運ばれました。
21日朝は、おおむね落ち着いた様子で、旺盛な食欲を見せたということです。熊本市のセンターから動物を引き取ったのは北九州市が初めてで、センターでは早ければ来週から新しい飼い主を探すことにしています。
北九州市動物愛護センターの山本康之所長は「北九州で出来る支援をしていきたい」と話していました。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:04 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする