動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月25日

被災者のペット、一時預かります 獣医師会など

くまにちコム



 環境省は22日、熊本県で地震に見舞われた被災者から犬や猫などのペットを無料で一時預かりする支援を、23日から始めると明らかにした。「ペットが心配で避難所に入れない」「いったん預けて落ち着きたい」といった声が県などに多く寄せられたためで、県獣医師会が主体となり環境省が支援する。同省によると、災害時に獣医師会がこうした支援をするのは初めてという。

 獣医師らが熊本市役所などで飼い主の相談に乗り、最寄りの動物病院を紹介。避難生活が落ち着くまでペットの面倒を見る。日本獣医師会は全国の獣医師会に協力を要請しており、希望者が受け入れ数を上回った場合は、近県の動物病院などに運んで世話をする。預かり期間は避難状況などを見て決める。

 環境省は、災害発生時はペットを連れての同行避難をするよう推奨しているが、衛生面の懸念やトラブル回避のため、建物内への同行を断っている避難所も多い。東日本大震災では、ペットと共に車中泊していた飼い主がエコノミークラス症候群になった例もあり、同省の担当者は「飼い主が安心して生活再建に取り組めるよう支援したい」と話している。




posted by しっぽ@にゅうす at 07:33 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする