動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月28日

猫の殺処分を減らそう 高知県が不妊手術費用の助成

高知新聞


 繁殖し過ぎて殺処分される猫を減らそうと、高知県がメス猫の不妊手術費の助成を行う。独自に助成する高知市以外の地域で実施し、飼い主がいない猫も対象。申請締め切りは2017年2月28日で、それまでに予定数に達すれば終了する。

 県内の猫の殺処分数は減少傾向にあるものの、2014年度は2140匹。助成は3年目で、2014年度に554匹、2015年度に581匹が助成によって不妊手術を受けた。

 飼い猫は1匹6千円、飼い主がいない猫は1匹1万円を、それぞれ300匹ずつ助成する。申し込みは、申請書(高知県食品・衛生課や福祉保健所、高知県ホームページで入手)に記入し、猫の生息地を所管する福祉保健所に持参する。

 問い合わせ先は、高知県食品・衛生課(088・823・9673)か、安芸福祉保健所、中央東福祉保健所、中央西福祉保健所、須崎福祉保健所、幡多福祉保健所の各福祉保健所。高知市は生活食品課(088・822・0588)。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:33 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする