動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月29日

受け入れてもらったワン/徳島

読売新聞


 ◇熊本で被災の犬 神山で来月譲渡会

 県や県獣医師会などでつくる「県動物愛護推進協議会」は28日、熊本地震で被害を受けた熊本市動物愛護センターから犬1頭を受け入れた。5月に譲渡会を開き、新たな飼い主を探す。

 同センターは地震で敷地内に地割れが生じるなどの被害があったが、保護していた犬や猫の脱走などはなかったという。「殺処分ゼロ」を掲げている熊本市は、保護した動物は新たな飼い主が見つかるまで同センターで収容することにしているが、一連の地震で迷子犬が増加。新たに収容する頭数が増えたため、厚生労働省が引き取りを西日本各地の自治体に求めていた。

 引き受けたのは雌1頭で、雑種の中型犬(推定4〜6歳)。約1年前に保護され、人慣れしており、ワクチン接種も済ませているという。

 同協議会は5月22日、神山町の県動物愛護管理センターで譲渡会を開く予定。参加には同15日までに申請が必要で、問い合わせは同センター(088・636・6122)。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:49 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする