動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年07月09日

犬だって低カロリーフードでも太る?

産経ニュース


飼い主の方から、「低カロリーのフードを与えているのに太ってしまう」といったご相談をいただくことがあります。

 こうした声に対してつい、「量を与えすぎているからですよ」と愛想のない返答をしてしまうことがあります。今日は「太ってしまう理由」について詳しくお話ししたいと思います。

 例えば、収入が多くて、使うよりも入ってくるお金の方が多ければ、どんどんたまりますよね。太る理由も同じことで、体が使うよりも多くのエネルギーが入ってくることで、使いきれないエネルギーが脂肪として蓄えられます。お金はたくさんあっても困りませんが、脂肪の蓄積はうれしいものではありませんね。

 体内に入ってくるエネルギーは、食品100グラム当たりに含まれるエネルギー量に、実際に食べたグラム数を掛け合わせて計算します。いくら低カロリーのフードとはいえ、与える量が多すぎれば太ってしまうのは当然です。

「ペットは少し太めのほうがコロコロしていてかわいい」などと言う飼い主の方もいますが、人と同様に、肥満は関節や心臓などに負担をかけてしまいます。また、猫の場合は糖尿病や尿路結石などの発症リスクが高まることも分かっています。

 ペットの健康と長寿のためには太らせないことが大切です。必要以上に食べ物を与えないようにしましょう。「かわいい顔でおねだりをされると、つい与えてしまう」というのもよく聞く話ですが、そこはぐっとこらえてくださいね。(ロイヤルカナン ジャポン 獣医師 五十嵐靖)




posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。