動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年07月31日

動物の歯科治療連携協定を締結 県歯科医師会 県獣医師会

岩手日日新聞


県歯科医師会(佐藤保会長)と県獣医師会(多田洋悦会長)は29日、盛岡市内で動物の歯科治療などの連携強化に関する協定を締結した。今後は研修会などを開催して情報共有や連携を図り、人や動物が快適に暮らせる社会を目指す。

 同日は両会の関係者らが出席し、佐藤会長と多田会長が協定を締結した。

 県獣医師会によると、各都道府県の歯科医師会と獣医師会の連携協定は全国で初めてとしている。歯周病や歯肉炎など動物の口腔疾患の罹患(りかん)率が高くなっており、適切な診断や治療が重要としている。

 今後は獣医師会として会員のニーズを把握した上で、県歯科医師会と具体的な連携について協議する。

 佐藤会長は「人と動物で共通の疾病がある。病気という一つの切り口で見た場合、互いに研鑚(けんさん)し情報交換することでよりいい関係が結べる」と期待を込めた。多田会長は「県歯科医師会の指導を得ながら、動物医療における歯科治療の水準を上げていきたい」と話した。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:39 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする