動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年12月31日

ふるさと納税、捨て犬と猫のために 長沼「しっぽの会」指定増加

北海道新聞


【長沼】町の ふるさと納税 の寄付金の使い道を、飼い主がいない犬猫を保護している町内の認定 NPO法人 「HOKKAIDO しっぽの会」に指定するコースの利用が増えている。コースを導入した10月中旬から1カ月の寄付件数は、使い道8種類のうちで最多に。全国的に珍しい取り組みといい、町は「保護した犬猫の飼い主を探す活動に役立ててもらいたい」としている。

 コース導入は、同会が町に話を持ちかけたのがきっかけ。町は9月にNPO法人の中でもより公共性の高い活動をする認定NPO法人に限り、ふるさと納税の寄付金の使い道に加えられるよう条例を改正。10月17日から受け付けを始めた。

 その結果、開始から1カ月間の寄付件数は58件(87万7千円)に。町が設けた農業振興や教育振興など8種類への使い道を指定した269件(385万9千円)のうち、件数、金額とも最多だった。

 使い道を同会に指定すると、5千円以上の寄付で町が用意する返礼品がもらえ、寄付額から返礼品相当額の半額程度を引いた差額が同会に贈られる。返礼品不要の場合は、寄付額の税控除を受けるための手数料を除くほぼ全額が同会に贈られる。

 同会の稲垣真紀代表は「支援に心から感謝したい。保護している犬猫のために大切に使いたい」と話している。

 町は2014年度から寄付額に応じて野菜などの特産品を返礼品として寄付者に贈っている。15年度は寄付額が1502万円(61件)と初めて1千万円を突破したが、空知管内24市町で金額は19位、件数は22位と低迷。このため今年9月から、ふるさと納税寄付者に対する返礼品を大幅拡充するなど内容の充実に力を入れている。(田中雅章)


posted by しっぽ@にゅうす at 06:23 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする