動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年02月16日

実験動物苦しませない バイオ大・菅谷さん、技術者試験1位合格

中日新聞


 長浜バイオ大(長浜市)のアニマルバイオサイエンス学科三年菅谷友美さん(21)が、本年度の実験動物一級技術者認定試験に全国一位の成績で合格した。新薬などの安全性試験に欠かせない実験動物を、いかに適切に扱えるかが問われる試験。菅谷さんは「犠牲になる動物を、実験で苦しめないことがせめてもの償いになる」と合格を喜ぶ。

 マウスやラットなどの実験動物は、適切な知識や技術で扱えば、実験結果の正確性を保証するのに加え、犠牲となる動物の数を減らすことにもつながる。試験合格は技術者としてのお墨付きとなり、実験動物を扱う製薬や化粧品、食品会社などで重宝されるという。

 公益社団法人日本実験動物協会(東京)の主催で昨秋、学科と実技の二段階で実施。全国の社会人や大学生ら二百四十人以上が受験し、約百三十人が合格した。

 学科では動物の健康に関する知識や、動物愛護の倫理観を問う二百五十問が出題された。実技では、体長八センチほどのマウスへの薬物投与や採血、臓器の摘出などを制限時間内に行った。

 もともと不器用で、実技試験の直前には教員から「このままでは合格できない」とハッパを掛けられたという菅谷さん。「合格に向けて火が付いた」といい、遅いときは午前一時ごろまで研究室にこもり、仲間とともに技術を磨いた。

 長浜バイオ大は二〇一一年から毎年、アニマルバイオサイエンス学科を挙げて受験しており、今回は菅谷さんを含めて過去最多となる八人が合格した。

 菅谷さんは「一位合格はびっくり。将来は実験動物の飼育管理などの仕事に就きたい」と話している。

 (渡辺大地)

 ◇他の合格者の皆さん 足立悠太、柿原礼佳(4年)小竹真由、杉山茉奈美、西村晃成、森彩花、横山博人(3年)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする