動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年02月16日

小型犬の飼い主さん必読!部屋の中に潜む犬にとって危険なもの

@DIME


飼い主が快適に暮らしている部屋でも、実は愛犬にとっては危険なものがたくさんあります。

まずは床。住居のフローリングは犬にとってとても滑りやすく、足腰を痛める原因になります。子犬のうちは元気に走り回っていても、老犬になるころに蓄積された疲労が出ることもあるため、愛犬が若いうちから対策しておくと安心です。

愛犬の爪をこまめに切ること、滑る原因になる足裏の毛を伸ばさないことなどのケアに加え、ホームセンターで売っているブロックマットなどを敷くことも負担を減らすために有効な手段です。

また、とても危険なのはソファです。飼い主の匂いがついているソファが好きな場所だという犬は多く、小型犬でもジャンプしてソファに飛び乗ってしまいます。

特に注意したいのは、ソファから下りるとき。骨が細い小型犬は、ソファから飛び降りただけで骨折してしまう事例が多々あるのです。

どうしても愛犬がソファに上りたがるようなら、少しでも危険を減らす工夫をしましょう。犬がソファやベッドに上り下りしやすくなるスロープや階段を活用すると、怪我のリスクを下げることができます。

人にとってはなんでもない部屋でもこのような危険があることを認識し、愛犬が少しでも長く健康でいられるような環境を作りたいですね。

文/大原絵理香(ペットゥモロー編集部)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:41 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする