動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年02月16日

180匹の犬猫 新飼い主へ 動物愛護施設が3年間の成果

日本海新聞


獣医師たちが運営する全国でも珍しい動物愛護施設「人と動物の未来センター アミティエ」(鳥取県倉吉市下福田)が、2013年9月の開設から16年12月までに、計180匹の犬や猫が新しい飼い主に譲られるという実績を上げた。今後は、施設内にしつけ方教室や講習会などが開けるような部屋を整備することが目標という。

犬たちの健康状態を確認する高島所長=倉吉市下福田の「人と動物の未来センター アミティエ」
 施設を運営するのは動物臨床医学研究所(倉吉市八屋、山根義久理事長)。譲渡された犬や猫の病気を治し、不妊去勢手術をし、マイクロチップを入れ、新しい飼い主を探すまでを引き受けている。

 中でも力を入れているのは新しい飼い主探しで、飼い主になる人に対しては、過去の飼養経験や飼育場所などを問うほか「終生飼養する覚悟を持っているか」「家族全員が賛成しているか」なども尋ねる。この予備審査をクリアした人の中で月1回開かれる3時間の講習会を受けた人だけが、新しい飼い主と認められる。

 飼い主と認められるまでの基準が厳しかったため、開設してから半年間は新しい飼い主が現れなかったというが、同研究所の高島一昭所長は「犬や猫の運命は飼い主次第。いい飼い主に譲渡したい」とその理由を語る。新しい飼い主の元に行った犬や猫で、飼えないからと施設に戻されることはほとんどないという。

 新しい飼い主の中には高齢という理由で犬猫を飼うのをためらう人もいることから、高島所長は「今はまだ力不足だが、将来的には、やむを得ず終生飼養ができない人の犬や猫を受け入れ、新たに飼い主を探すといった動物を巡る社会の中心の施設にしていくのが夢」と話す。

 県くらしの安心推進課によると、収容中の死亡を除く犬猫の殺処分数は、982匹(2013年度)805匹(14年度)619匹(15年度)。新しい飼い主の元に引き取られる割合はまだ低く、犬猫を取り巻く環境に課題は多い。(加嶋祥代)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:44 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする