動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月07日

高額なカメやトカゲ ペットショップから盗まれたか

NHK


都内のペットショップで販売されていた高額なカメやトカゲなどが複数いなくなっているのがわかり、警視庁は盗難事件として捜査しています。店によりますと被害額は200万円を超えるということです。
東京・立川市のペットショップ「ヒロパーク」によりますと、5日に店で販売していたは虫類が複数いなくなっているのがわかりました。

いなくなったのは、一匹30万円以上で販売されていた「サルバトールモニターメラニスティック」というトカゲや「アルビノミドリガメ」それに「エリマキトカゲ」など26匹で、被害額は200万円を超えるということです。
店では、かごなどに入れて管理していましたが、従業員が不在にしていた5日の未明から早朝の間にいなくなったということです。

警視庁が、店からの届け出を受け調べたところ、勝手口の鍵がかかっておらず、何者かが侵入し、高額なは虫類を盗んだと見て捜査しています。

山沢弘和店長は「大切にかわいがってきた、めずらしい動物が盗まれて本当に悲しい思いです。育てるのも温度管理などが難しく心配しています。犯人には早く返してほしいです」と話していました。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:41 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする