動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月07日

猫の不妊・去勢手術に助成金 川越の団体 県内3病院で1匹1000円

東京新聞


 川越市の「保護猫カフェ ねこかつ」(梅田達也代表)が、猫を捕獲して不妊・去勢手術を受けさせ、元の場所に戻す「TNR活動」への助成金を始めた。TNR活動の初心者が対象で、県内三動物病院で一匹千円で手術が受けられるようにする。 (中里宏)
 TNRは「トラップ(捕まえる)」「ニューター(不妊・去勢手術)」「リリース(元に戻す)」の略。手術済みの猫を判別する目的で、猫の耳を桜の花びらのように一部カットするため「さくら猫」活動とも呼ばれる。野良猫の繁殖を抑える方法として、多くのボランティアが取り組んでいる。
 東京都議会で出席するたびに一万〜一万二千円が支給される費用弁償に反対する都議が、供託していた五十万円を選挙区外の「ねこかつ」に活用。繁殖期を迎える前に助成を始めようと、「ねこかつ」が五十万円を足して計百万円を原資に一月からスタートした。資金がなくなり次第、終了する。
 助成対象の三動物病院は、所沢さくらねこ診療所(所沢市)、堀どうぶつ病院(上尾市)、いながき動物病院(越谷市)。「ねこかつ」では毎月第一金曜日の夜、初心者を対象にTNR勉強会を無料で開いている。問い合わせは「ねこかつ」=電070(5029)8392=へ。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:49 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする