動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月10日

「地域猫」支援や迷い犬対策強化 茨城県、条例施行受け予算計上

東京新聞


昨年12月の「県犬猫殺処分ゼロ条例」の施行を受け、県は2017年度当初予算案に、犬と猫の殺処分を減らすための事業費3400万円を計上、動物愛護の環境整備を目指している。
 近年、殺処分数で犬を上回っている猫への対策として、飼い主のいない野良猫に自治会などが不妊去勢手術を施し、地域で世話をする「地域猫」活動に対する補助など、市町村と連携して支援を始める。
 犬の放し飼い抑止や迷い犬の早期発見のため、県と市町村が情報を共有するシステムを構築する。
 県動物指導センター(笠間市)に収容された犬や猫の飼い主を捜すボランティア団体などに、飼育費として1匹当たり1万円を上限に助成する。
 橋本昌知事は3月定例県議会で、事業を推進する財源として「ふるさと納税制度などを活用した寄付金の協力を呼び掛けていく」と述べた。
 条例は、昨年12月の定例県議会に議員提案され、全会一致で可決された。 (酒井健)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:47 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする