動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月12日

捨て犬・捨て猫ゼロ あす中野区で 「ノー・ヴォイス」上映会

東京新聞


野良猫に不妊や去勢の手術を施し、住民が共同で餌やりなどの世話をする「地域猫」の活動に取り組む「猫と花地域環境ネットワーク」(中野区)などは十三日、動物の命の大切さをテーマにした映画「ノー・ヴォイス」の上映会を開く。
 ネットワークは二〇〇八年、猫と人が共生できる地域の実現を目指し「新井東町会地域猫の会」として設立。ネットワークによると、野良犬は狂犬病が広がらないよう都が引き取る一方で、猫は放置される場合が多い。地域猫として面倒を見ようとしても、住民の理解が得られない場合が少なくないという。
 映画は、捨て犬と出合った青年を主人公にしたドラマと、動物の殺処分に関するドキュメンタリーの二部構成。殺処分されないよう、捨て犬や捨て猫をゼロにすることを訴えている。ネットワーク理事長の星野新一さん(58)は「殺処分ゼロを公約に掲げた小池百合子知事が就任した今こそ、動物の命の大切さを知ってほしい」と話している。
 映画は無料(カンパを受け付け)。午後二時から、中野区中央の都生活協同組合連合会ビルで上映する。問い合わせはネットワーク=電090(1467)0620=へ。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:59 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする