動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月16日

猫との共生考えよう 殺処分の現状知って

河北新報


殺処分される猫が後を絶たない状況を知ってもらおうと、仙台市青葉区のぶらんどーむ一番町商店街で4日、猫グッズ専門店などが啓発イベント「一番町ねこフェスタ2017〜人と猫との共生を考える」を開いた。
 グッズ専門店「またたび堂」の主催で、飼い主のいない猫の里親探しなどを行う県内の動物愛護団体6団体が参加。団体の活動内容のほか、保護した野良猫に不妊去勢手術を施して地域で餌やりやふんの世話をする「地域猫」の取り組みなどがパネルで紹介された。
 ペットに関する法律相談、市動物管理センター「アニパル仙台」によるセミナーも開催。買い物客らは足を止めて展示に見入ったり、保護活動の資金集めの募金に協力したりした。
 またたび堂社長の桐野吉里夫さん(52)は「猫ブームの陰で、捨て猫が増えたり、猫を巡るトラブルが起きたりしている。動物愛護ボランティアの活動について一般の人に知ってもらい、人と猫が共生するにはどうしたらいいかを一緒に考えてほしい」と話した。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:19 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする