動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月17日

命に責任持って 捨て犬、猫の記録展 31日まで

神戸新聞


 僕たち、これからどうなるの? カメラのレンズに不安げなまなざしを向けるのは、淡路島内で捨てられたペットの犬や猫。彼らの命を写真やパネルで記録した「捨てないで!小さな命展」が、兵庫県洲本市宇原の市民交流センターで開かれている。

 県動物愛護センター淡路支所のデータによると、淡路島で2015年に殺処分された犬は県全体の21・5%にあたる86匹。猫は島内だけで毎年200匹前後が処分されている。ペットとの向き合い方を考える機会にと、洲本市の愛護団体「淡路ワンニャンクラブ」が展覧会を初開催した。

 あばら骨が浮き出るほどにやせ細った犬、へその緒が付いたままの子猫。保護当時の傷だらけの姿と、献身的な世話で愛らしい表情を取り戻した比較写真など123点が並ぶ。

 同団体から犬や猫を引き取った県内外の飼い主の手作りパネルには「大切な家族」「かけがえのない宝物」などと温かいメッセージがちりばめられている。

 同団体の担当者は「避妊や去勢手術を徹底し、ペットの命に責任を持って」と話す。

 31日まで。午前9時〜午後9時(31日は午後4時まで)。無料。月曜休館。同センターTEL0799・24・4450


posted by しっぽ@にゅうす at 07:41 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする