動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月25日

狂犬病予防注射受けて 高松 市保健所がパネル展

四国新聞社


狂犬病予防注射の重要性や動物愛護のあり方を啓発するパネル展が22日、高松市常磐町の瓦町FLAG8階「IKODE瓦町」で始まった。予防接種や飼い犬登録の手続きのほか、県内の犬猫の殺処分の現状などを説明し、犬猫の飼育に関する相談コーナーも設けている。28日まで。

 パネル展は、4〜6月の「狂犬病予防注射月間」を前に市保健所が実施。狂犬病予防法は、生後91日以上の犬の飼い主に▽居住の市区町村に飼い犬登録をする▽犬に毎年、狂犬病予防注射を受けさせる▽犬に鑑札と注射済票をつける−の3点を義務付けている。

 会場では、狂犬病が死に至る病気であることや、市が4〜5月に行う集合注射の会場などを紹介。また、犬猫の殺処分率で全国ワースト上位が続いている県内の状況を解説し、ペットが命を終えるまで飼い続けるほか、首輪などに飼い主が分かるものをつけるように訴えている。

 市保健所は「ペットを飼うのに伴う責任を自覚してもらい、悩みがあれば気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。期間中は午前10時から午後5時まで、犬猫の飼い主の相談を会場で受け付ける。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:01 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする