動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年06月16日

殺処分が決まっていたピットブルが警察犬に大抜擢!

ネタりか


K-9アポロ

アメリカ、ワシントン州キング郡タックウィラ市のタックウィラ警察署のフェイスブックページに、こんな投稿がありました。

私たちの新しいK-9アポロをご紹介させていただきます!

アポロ

K-9とは専門的な訓練を受けた警察犬の事です。英語で犬を意味するcanine➡ケーナイン➡K-9となったのです。

K-9アポロの経緯

アポロは通常の警察犬としてのルートは辿っていない犬でした。

アポロは誰かに遺棄され町を彷徨っていたところを、ワシントン州のアニマルシェルターに収容された犬でした。

約半年間、そこで里親探しが行われましたが、残念ながら誰もアポロを希望する人は現れませんでした。そのため、殺処分されることが決まってしまったのです。

でも、アポロにとって最後のチャンスを与えるために、アニマルシェルターは麻薬探知犬のK-9トレーナーに連絡を入れました。アポロが麻薬探知犬としてふさわしいかどうか是非見てほしいとシェルターはトレーナーに頼んだのです。

連絡を受けたトレーナーは、アポロにいくつかの訓練をしてみました。その結果、アポロは麻薬探知犬にふさわしい犬であると判断されたのです。

こうしてアポロは殺処分から何とか免れることができ、麻薬探知犬K-9のトレーナーによってアニマルシェルターから救い出されたのです。

アポロの犬種が引き起こした悲劇

シェルターから引き出されたアポロはその後、デパートメントオブコレクション(DOC)という場所で待機することになりました。

でも、アポロが実際に警察犬として採用されるまで、12か月もかかってしまいました。

アポロより後にDOCで待機していた犬たちが次々に各警察署で警察犬として選ばれる中、アポロは誰からも選ばれることもなく置いてきぼりになっていました。

何故なら、アポロは”ピットブル”だったので、誰もアポロを警察犬として採用したがらなかったのです。

この地区では警察犬として選ばれた犬たちは、一旦、その地区の政府機関であるDOCに収容され、警察犬を必要とする各警察署がその犬たちの中から希望の犬を選び、警察犬専門の訓練所に入れ必要な訓練を受けさせます。

アポロはピットブルという犬種だということで、半年間もの長い間、シェルターで里親希望者が1人も現れなかったように、ここでも更に1年もの長期間、誰も警察犬として採用しようとは思わなかったのです。

不貞腐れた顔をして寝そべるアポロ

とうとうアポロに光が!

タックウィラ警察署のフェイスブックページにはこう書いてありました。

昨年の夏、私たちがトレーナーに(新しい警察犬が必要だという)連絡をとった時、彼女はアポロがとても優秀な犬であることを話しました。

「警察犬として訓練すれば、きっと一番の成績でどの犬より早く訓練を終了することができると思います。アポロに必要なのは、チャンスだけなのです。どうかアポロにチャンスを与えてやってください。」と彼女は強く言ってきたのです。

そこで私たちはアポロに警察犬になるためのチャンスを与えることにしました。

実際、アポロは素晴らしい成績を上げ、訓練学校をどの犬達よりも早く卒業することができました。アポロは昨年11月に麻薬探知犬としての訓練を無事終了しました。アポロはトレーナーが見込んだ通り、とても優秀な犬だったのです。

更にアポロはとてもフレンドリーな犬でした。私たちもアポロが署に来たことで、一緒に遊んだりしてとても癒されています。また、仕事に対してもとても勤勉な犬です。

私たちはアポロを選んだことに対してとても誇りを感じています。

アポロは現在、ハンドラーの警察官の家で家族の一員として一緒に生活しています。アポロは私たちタックウィラ警察署の家族になったのです。警察犬の身分証明書をつけたアポロ

出典:www.facebook.com/TukwilaPD

地球の反対側にある日本でアポロのことがこうして記事になることを「我々の警察犬のアポロのことがそんな遠くの国で記事になるなんて、信じられない驚きです!」と、とても喜ばれました。

ピットブルに対する誤解を解くためにも

ピットブルはアメリカでもBSL(特定犬種危険法)の影響もあり、危険な犬としての悪いイメージが強く、アニマルシェルターに収容されてもなかなか里親希望者が現れず、殺処分となってしまうことが多い犬種です。

でも、実際のピットブルの性格は飼い主に対してとても忠実で頭が大変良く、かなり穏やかな性格で、”ナニードッグ(子守用の犬)”と別名がつくほど優秀で人懐こい犬種なのです。

そんなピットブルの悪いイメージを払拭するかのようなお話だったので、ここでアポロのことをご紹介させていただきました。

ピットブルに対する人々の誤解を解くためにも、そして弾圧を止めるためにも、ピットブルのヒーローとして、K-9アポロの今後の活躍を心から応援したいと思います。

最後に

タックウィラ警察署のフェイスブックでは、まだアポロが同警察署に採用されたばかりで彼の写真が1枚しか掲載されていなかったのですが、記事にするにあたり、もう少しアポロの写真が欲しいとリクエストしたところ、まだどこにも掲載していなかったアポロの写真を特別に2枚提供していただきました。

タックウィラ警察署のご協力を感謝いたします。

タックウィラ警察署のイメージ

タックウィラ警察署のホームページ▼
http://archive.tukwilawa.gov/police/pd.html

※尚、この記事及び写真の掲載はタックウィラ警察署の許可を得て行っています。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする