動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年06月19日

熊本県動物愛護センター飼育環境向上へ

読売新聞


犬や猫の殺処分ゼロを目指す県は、県動物愛護センター(熊本市東区)の職員増員や飼育スペース拡充など飼育環境の向上を図る方針を明らかにした。


 同センターは4月に県動物管理センターから名称変更し、積極的に保護した犬や猫を新たな飼い主に譲渡している。殺処分するのは感染症に罹患りかんしたり、人に危害を与える恐れがあったりする場合に限っている。

 態勢を強化するため、運営を委託する事業者が職員を3人増員できるよう予算措置するほか、犬の飼育スペースを広げる。さらに月1回だった譲渡会を月2回程度に増やす。

 県は関連費用として4300万円を今年度一般会計補正予算案に計上し、県議会定例会に提案している。「適正な飼育環境を整えるとともに、譲渡が進むよう啓発にも力を入れたい」としている。

2017年06月19日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 07:20 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする