動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年07月11日

ペットを飼っている人と飼ってない人にどんな違いがあるのか?大規模調査の結果が報告される(米研究)

BIGLOBEニュース


これまで、数多くの研究が、ペットを飼っている人は飼っていない人よりも心と体の健康状態が良好であると報告しているのは確かだ。

 しかしペットを飼ったから健康になったのかどうかは分からない。すなわち、そもそもペットを飼おうと思う人は最初から何かが違うのかもしれない。

 例えば社会経済的な地位のような、ペットとは関係がない条件がペットの飼い主が健康である本当の理由かもしれない。ほかの要因が原因だとすれば、犬や猫を飼うことで健康が得られるという見解は間違っているということになる。

 ペットと人間の健康の関係について解き明かすには、ペットの飼い主とそうでない人との基本的情報についても目を向けねばならないだろう。

 ランド・コーポレーションとカリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究者は、アメリカの膨大なデータを用いてこの検証を行なった。

【男性よりも女性者、未婚者よりも既婚者
所得の高い人ほどペットを飼う傾向にある】

 この調査に使用されたのは、現在も実施中であるカリフォルニア・ヘルス・インタビュー・サーベイ(CHIS)のデータだ。

 CHISは2001年から始まった、アメリカの州の中で最大の人口を誇るカリフォルニア州の住民を対象とした包括的健康調査である。無作為に選ばれた人に電話インタビューを行うもので、5言語で実施され、サンプルは性別・人種・世帯構成・所得において同州の人口を高度に代表するものとなっている。2003年の調査では、成人42,044人の回答者が健康と基本情報に加え、犬か猫をペットに飼っているかどうかも質問されている。

 2003年の調査では、回答者の半数がペットを飼っていると回答しており、犬を飼っている人は26パーセント、猫は22パーセント、両方は9パーセントだった。一般的な傾向は次の通りだ。

・既婚者の方がペットを飼う傾向にある。既婚者は未婚者よりも犬を飼っている可能性が34パーセント、猫を飼っている可能性が9パーセント高い。

・女性の方がペットを飼う傾向にある。女性は男性よりも犬を飼っている可能性が8パーセント、猫を飼っている可能性が16パーセント高い。

・ペットの有無は人種や民族間で大きな差異がある。白人は非白人よりも犬を飼っている可能性が3倍、猫を飼っている可能性が5倍高い。反対に黒人は非黒人に比べ、犬を飼っている可能性が2分の1、猫を飼っている可能性が3分の1未満である。ヒスパニック系、アジア系については黒人のパターンと類似する。

・持ち家を所有している人の方がペットを飼う傾向にある。持ち家の所有者は非所有者よりも犬を飼っている可能性が3倍、猫を飼っている可能性が60パーセント高い。

・所得が高い人の方がペットを飼う傾向にある。高い所得カテゴリーに属するほど、ペットを飼っている可能性が有意に高まる。

1_e16


【ペットの飼い主は飼ってない人より健康なのか?】

 意外だったのは健康についてだ。回答者は健康について、5 = 非常に良い、4 = 良い、3 = 普通、2 = 悪い、1 = 非常に悪い、の5段階で回答。また身長と体重や喘息の有無についても質問された。

california_health_data

・全体的健康:グラフから分かる通り、犬と猫の飼い主は全体的健康が若干高かった。しかし、これは所得・人種・結婚の有無の影響を考えれば、打ち消されてしまう。つまりペットを飼うことが全体的な健康にいいという証拠はないということだ。

・BMI:犬の飼い主はそうでない人よりもBMIが高かった。しかし統計的に”有意”ではなく、意味がないと言えるほど小さいものだ。猫の飼い主では差異はなかった。

・喘息:喘息持ちの回答者はペットの飼い主であることが多かった。喘息持ちの人はそうでない人よりも犬か猫を飼っている可能性が20パーセント高い。

 要するに、基本情報と社会経済的要素を統制した場合、ペットを飼うことが健康にいいという証拠は発見されなかったということだ。

4_e16


【この研究の重要性】

 著者自身が指摘しているように、本研究には制限もある。データは10年以上前のもので、カリフォルニア州のみに限定されている。またペットを飼っている期間も不明だ。

 さらにペットの健康への影響を扱ったほぼあらゆる研究と同じく、本研究も”相関的”なものだ。したがって、例えば犬や猫と暮らすことで喘息にかかる確率が上がるといったことを結論づけることはできない。

 だが次のような重要な点もある。まず基本情報や所得の違いがペットが健康にいいという誤った結論を導いていたと実証したこと。

 おそらくペットによる健康効果とされていたものは、実のところ良好な食事・住環境・医療の結果だと思われる。

 次にペットと健康との正の相関関係の存在に疑問を突きつけたこと。人種・結婚の有無・所得といった要素を考慮に入れれば、ペットの飼い主とそうでない人との健康状態に違いがないことが判明した。

 したがって、「ペットの飼い主はそうでない人と違いがあるのか?」という最初の疑問に立ち返ると、人口動態の点からは答えはイエスということになる。だが健康の点からはノーだ。


via:plos・.psychologytoday translated hiroching / edited by parumo


 まあアメリカのデータだし相関的なものだから日本人に当てはまるかどうかはわからないけれど、家にペットがいると大変なこともあるけどその数十倍くらい癒されるっていうのはあるよね。話し相手にもなるしね。こうやって独り身がはかどるわけだあね(足元でグデっとしているけもとももを眺めながら)。老後はあと犬と鳥とフトアゴヒゲトカゲがいれば何も怖くないさ。



posted by しっぽ@にゅうす at 06:38 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする