動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年07月11日

避難所のペットに寄せられるさまざまな意見 周囲への気遣いで変わる空間

livedoorニュース


愛犬や愛猫の、ふわふわとした毛並みをなでながら、ふと考えます。

「災害の時、どうなるんだろう」

「こうしよう」ではなく、「どうなるんだろう」。なんだか受け身な言葉が出てきてしまいます。

被災した時を考えて、具体的な準備をしたことがないからかもしれません。


ペットは大切な家族の一員。安全を確保し、可能であれば一緒に避難所に行きたいものです。具体的にはどんな準備が必要か、問題点を踏まえて見ていきましょう。

「かなり迷惑!」の声
飼い主の思いに反して、周囲にはさまざまな意見があります。

動物の声、精神が過敏になっている時に受け入れられるかな?衛生状態が気になる。水や食料も配給制になった時、ペットに水を飲ませている人がいたら不愉快だと思います。動物アレルギーのある人に配慮してほしい。
飼っていない人からすると、ペットを連れてこられたら迷惑に思うのは当然のこと。

東日本大震災の時には、具体的なマニュアルやルールがなく、それぞれの気持ちがぶつかって混乱も生じました。


※写真はイメージ

「こんな声が出ているのなら、連れていくことなんてできないじゃん!!」

ですが、そう思うのは早計です。「迷惑だ」「イヤだ」といいながらも、ペットを飼っていない人たちは、こうも思っています。

「でも、優しい心はもっていたい」

飼い主にとってペットは大切だと、理解はしているんです。ただ、ニオイなどで不快な思いをしたくないだけなのです。

「連れてくるな!」ではなく「よく連れてきたね!!」と周囲からいってもらえる環境を作ることを考えましょう。

気遣いで差がつく!!
具体的には、次のような準備が必要です。

ペットの社会化
多くの人がいても落ち着いていられて、人懐っこく、ほかのペットとも仲よくできれば、避難所でも温かく迎えられます。食料や水の持参
数日分のフードや水は、いつでも運び出せるようにしておきましょう。ニオイ対策
トイレの準備をしておきましょう。また、トリミング・ドライシャンプーがあると便利です。すみ分け
『飼い主とペット』『動物が苦手な人・一緒にいられない人』との居場所を分けましょう。動線の分離
ペットを連れて移動できる道を決めて、ペットを飼っていない人と歩く道が交わらないようにしましょう。
「どうしたら他の避難者の迷惑にならないのか」を考えると、やるべきことは思いのほかたくさんあります。

ペットの社会化
ペットが興奮して、ほかの人やペットを噛んでしまうと大変です。例えば犬であれば社会化のためのしつけ教室があるので、普段のしつけを兼ねて通っておくといいかもしれません。

食料や水の持参
「食料や水の持参」は、「人のための食べ物と飲み物を消費しない配慮」だけではありません。避難所にフードが配給されるようになっても、味の好みや健康面の理由から、食べられない子がいるのです。多めにフードを用意しておきましょう。

ニオイ対策
衛生面に気をつけることで、ペットの健康を守ることにもつながります。

すみ分けと動線の分離
アレルギーを持っている人への配慮として必要です。好き・嫌いでなく、命に関わってしまうアレルギーは本人にはどうしようもありません。

ペットが誰とでも一緒にいられる状態をゴールとはしないで、みんなが不快にならない快適な空間を目指していきましょう。

飼い主のマナーが大切。災害時の知識を身に着け、十分な備えをして、不安なく避難したいですね。


『動物に誠実な飼い主になろう』をテーマにかかげているブランド『LEONIMAL(リオニマル)』は、飼い主さんが動けない場合や、ペットが行方不明になってしまった場合を想定して、「飼い主グループ」を作って共に助け合うことなどを勧めています。


避難用バッグでペットも人も安心
ペットが避難時にも快適に過ごせる工夫がされているバッグを用意するのも手です。

『GRAMP』は、普段からペットが落ち着ける場所として使用でき、非常時はコンパクトにバッグ状に畳めます。


普段から自分のニオイがついている場所であれば、ペットは安心します。非常時の備えとして、準備してはいかがでしょうか。


【参考文献】

NPO法人ANICE 平井 潤子 監修 

『いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?』
(ペット防災の基本BOOK)

リオニマルリュック型ペットキャリーGRAMP

[文・構成/grape編集部]

情報提供LEONIMAL

posted by しっぽ@にゅうす at 06:44 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする