動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年07月16日

猫専門のSNS「猫部トーク」里親募集の検索も

Yahoo! JAPAN


ダイレクトマーケティング事業等を行っているフェリシモで、社内の猫好きの有志が集まって2010年9月から「フェリシモ猫部」という活動をしている。WEBサイトで基金付きのオリジナル猫グッズの販売、「猫ブログ」連載、写真「猫ギャラリー」などのコンテンツを猫好きの方向けに提供してきた。

猫好きなら誰でも参加できるSNS「猫部トーク」

その「フェリシモ猫部」が、猫専門のSNS「猫部トーク」を2017年7月10日より開始。「猫部トーク」は無料で猫好きな方同士が交流できる。

アカウントを作成して「猫部員」として登録すると、愛猫の写真・動画を投稿できるほか、猫のプロフィール登録機能、毎日出される投稿テーマ「お祭りハッシュタグ」など猫の写真・猫動画を楽しむことに特化したSNS。お気に入りの猫部員をフォローして、 自分だけのタイムラインを作ることもできる。またカタログモデル猫のコンテストなども予定している。もちろん、現在は猫を飼っていないけど「猫を飼ってみよう」「猫が好き」という人も登録が可能。

「猫部トーク」
「猫部トーク」
里親募集中の猫情報が検索できる

さらに最大の特徴は「一匹でも多くの猫に幸せになって欲しい」との思いから、里親募集中の保護猫情報を掲載していることだ。動物愛護団体は里親募集中の保護猫情報を掲載することが可能で「猫部員」は里親情報を検索することができる。里親募集の機能は動物愛護団体に情報掲載の場を提供するもので、里親希望者と動物愛護団体とのやりとりはメール等で直接行う。

環境省の調査によると日本では1年で約6.7万頭の猫がさつ処分されている(犬は約1.6万頭)。飼い主に捨てられたり、災害時に取り残されたり、地域で猫が過剰繁殖する問題もある。たしかに最近、野良犬はほとんど見かけないが、野良猫は今でもよく見かける。

SNSとの相性がいいのは犬より猫?

フェリシモによると、猫の方がSNSというネットでのコミュニティに適しているそうだ。犬は散歩しながら、公園や道などで飼い主同士が直接会って、情報交換ができる。だが猫の場合は、基本的には自宅で飼い、散歩に連れて行く必要はない。そのため外で飼い主同士がコミュニケーションする場が犬のように多くない。そこでSNSというネット上で飼い主同士が交流したいというニーズも多いようだ。

猫は見ているだけで癒されるから、世界中の人から愛されている。「自分の愛猫の写真や動画をみんなに見てもらいたい」「他の家のかわいい猫も見てみたい」「猫を飼っているけど誰かに相談したい」という飼い主のニーズに応えた猫専門のSNSだ。そしてかわいい猫でも飼い主が見つからずに、さつ処分されてしまう猫もたくさんおり、社会的課題となっている。一匹でも多くの猫の里親が「猫部トーク」から見つかることが期待される。

猫部トーク


posted by しっぽ@にゅうす at 07:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする