動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年10月11日

犬の鑑札、きちんとわんちゃんにつけていますか?

ネタりか


犬の鑑札、注射済票について

ハートの札を着けたチワワ

厚生労働省の公式ホームページには、このような記載があります。


@ 現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
A 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
B 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること

厚生労働省の公式ホームページ

犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務であり、上記内容が法律によって義務付けられています。

なぜ、鑑札を装着しない飼い主さんが多いのか?

肉球のチャーム

「犬の鑑札を飼い犬に装着すること」が法律によって義務付けられているのですが、実際に鑑札を着けた犬を見かけたことはほとんどありません。

理由としては

✔室内犬で、お散歩に行くとき以外は首輪もハーネスも着けないから
✔家でしっかり保管してあるから大丈夫だと思っている
✔鑑札を着ける意味を分かっていないから
✔鑑札を着ける必要はないと感じているから

など、鑑札の大切さを理解していない飼い主さんもいらっしゃるようなのです。

なぜ、鑑札を着ける必要があるのか?

骨のチャームを着けたレトリーバー

「犬の鑑札を飼い犬に装着すること」が法律によって義務付けられているから、というのが最もな理由です。そして、愛犬のためにも大切なことなんです。

愛犬が迷子になってしまったとき

迷子の犬

もしも愛犬が迷子になってしまったとき、鑑札を装着していることによって、鑑札に記載されている内容から確実に飼い主さんの元に帰ることができます。

「うちの子は逃げ出しりしないし迷子になることはない」そう思っている飼い主さんも多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、「トリミング中に逃げ出してしまった」「雷に驚いて家を飛び出してしまった」「お散歩中にリードが外れていなくなってしまった」「お出掛け中に車から飛び出してしまった」など、悲しいお知らせを目にすることがたくさんあります。

いつ何が起こるか分かりませんし、もしもの時に鑑札を装着していれば、確実に飼い主さんの元に帰ることができるんです。

トリミング中は首輪やハーネスを外すことが当たり前なのかもしれませんが、私は動物病院でトリミングをお願いしており、トリミングの邪魔にならない程度の細い首輪に鑑札を着け、装着したままトリミングをお願いしています。

犬鑑札が満たすべき要件について

青いチャームを着けたピットブル


@ 耐久性のある材料
A 首輪、胴輪などに装着できる
B 「犬鑑札」の文字(見やすい色、12ポイント以上の字さ)
C 登録番号
D 都道府県名または都道府県名を特定できるものとして厚生労働大臣が定める文字、数字等
E 市区町村の名称を特定できる文字、数字等
(デザインはFまたはGのどちらかを満たしているもの)
F 上記要件を満たす範囲内で市区町村長が決定するもの
G 短径15mm以上で短長径比5:7の楕円形、または短辺15mm以上で短長辺比3:4の長方形

厚生労働省の公式ホームページ

各市区町村において現在交付されている鑑札・注射済票の様式(デザイン)例

下記5つの市区町村において現在交付されている鑑札・注射済票のデザインが厚生労働省の公式ホームページで確認することができます。

✔都道府県
✔政令指定都市
✔中核市
✔保健所設置市
✔特別区

厚生労働省の公式ホームページ

うちの市では、犬鑑札は肉球のデザイン、注射済票は骨のデザインです。20数年前ですが、一代目の愛犬が装着していた犬鑑札と注射済票のデザインはとてもシンプルで長方形のものでした。

今はデザインがとっても可愛くて有り難いです。

肉球・骨・ハート・犬、この4つのデザインを採用している市区町村も多く、最も多いのは楕円形または長方形です。

素材は、ステンレスが多く、プラスティック・アルミニウム・シール・ポリエステル繊維・チタンなどがあります。ステンレス製の犬鑑札に注射済票のシールを貼る、という地域もあるようです。

まとめ

たたずむポメラニアン

犬鑑札を装着していることで最も大きなメリットは「迷子になったとき、確実に飼い主さんの元に帰ることができる!」ということなのではないでしょうか。

逃げ出したり飛び出したりして迷子になってしまう犬が多く、ほとんどが犬鑑札を装着していません。
トリミング中などやむを得ない場合もありますが、犬鑑札は愛犬と飼い主さんを繋ぐ大切な役割を持っているんです。

現在の日本では狂犬病は発生していませんし、まん延の危険もありません。そのためか、狂犬病に対する危機感があまりない飼い主さんも多いようです。

狂犬病予防接種や犬鑑札・注射済票の装着は、狂犬病予防のためだけではなく、大切な愛犬を守る全てに繋がっていると思います。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:18 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする